先輩の声









営業課

当社が販売している船舶クレーン「マリンクレーン」は、種類としては2タイプなのですが、必ずお客さまごと、そして積載する船によって新たに設計を行います。その際、私たち営業が心がけているのは「お客さまの希望を100%受け止める」ことです。
お客さまの思いに一番近い立場として、社内のスタッフに報告します。
長年そんな営業スタイルですので、設計・製造スタッフも心得ているようで、お客さまからのオーダーを真摯に受け止めてくれます。

当社の営業の仕事は「販売したら終わり」ではありません。1度納品したら10年、20年とメンテナンスをしながら使い続けるものですので、不具合時の窓口となり、サービス部との連携でサポートをします。サポートの仕事で大切なのは、「いつでも、どんな小さなことでも相談に乗りやすい」と思っていただくことです。

時代の動きという波に揉まれながらも、ツカサ重機が今も在るのは、常に
「お客さま第一」で居たからだと思います。景気が大きく落ち込み、正直「しんどい」時期もありました。でも、ここを離れようとは、なぜか思いませんでしたね。きっと、「お客さまとの信頼関係」があったからだと思います。

技術課

お客さまの要望を図面で可視化し、製造へ伝えることが設計の仕事です。その際、実際に製造が可能かどうかの判断も大切になってきます。
CADを使って設計し、仕上がった図面は、薄い紙ですが、それは技術の結晶です。この図面がもととなり、壮大なマリンクレーンという形になるわけですから、1機ごとに神経を集中して作業をしています。

製造課

当社のマリンクレーンは、部品の製造から組立、設置まですべて自社で行っています。そのため、製造部は社内で一番の大所帯です。
それぞれが安全第一で、担当の仕事に黙々と向き合っています。
大きな重機ではありますが、部品一つひとつは繊細です。また、海上という厳しい条件下で使われるため、素材選びから気を遣っていますから、マリンクレーン本体はもちろんのこと部品ごとの完成度は高いと思っています。
弊社のこの技術を、今後はさまざまな製造分野で活かすことができたら、と、日々の業務を大切にしながら、そんなことを思っています。

サービス課

完成したマリンクレーンを、お客さまの船に搭載することからスタートし、その後の点検や修理などのメンテナンス業務を行っています。
作業現場でマリンクレーンを操作する方々と一番密接につながるため、マリンクレーンがどのように活躍している、現状での課題などを目の当たりにするのが私達サービスです。
その様子などを社内にフィードバックし、次のマリンクレーン製造のために役立てることもサービスの大切な仕事だと思っています。
マリンクレーンは日本全国で活躍しているので、長期出張などもありますが、それもサービスの仕事の「特典」だと思って楽しんでいます。

お問い合わせ

088-842-2221
メールでのお問い合わせ

ページ上部へ